飯田 善國(いいだ よしくに)先生

[資料提供] 足利市立美術館 (TEL) 0284-43-3131

  飯田善國先生は、足利市出身の彫刻家です。

 大学卒業の後、1956年にローマに渡り、ウィーン、ベルリンなどヨーロッパ各地を舞台に活躍し、67年に帰国しました。帰国後は彫刻に加え、ステンレスのモニュメントや評論、詩作など多彩な活動を続け現在に至っています。わが国を代表する現代彫刻家のひとりであり、近年、画家時代の活動に着目する展覧会も数多く開催されています。

 


「飯田義国」先生の少年時代
昭和5年 (1930) 筑波尋常小学校に入学(現筑波小学校)
 ”小曽根の家のケヤキの大黒柱を抱いたときの安心感、柳の枝でおもちゃを作るときの肌触り、ナマズをつかんで手に残る感触・・・。”  ”戸外の写生を経験したのは、それが初めてだったと思う。<中略>先生は私の絵を見て、驚いた顔で「おっ、これはいいぞ。君は未来の横山大観になれるかもしれないぞ」とほめてくれた。

昭和11年 (1936) 旧制館林中学校(現館林高校)
 ”梅原さんの絵を初めて見たのは、中学2年のときである。図工の時間に石井清夫先生が原色版の薔薇図を見せてくれた。<中略>初めて見る梅原龍三郎だった。色彩の美しさとあざやかさが印象深かった。”  ”中学3年ぐらいから、私の愛する画家はゴッホだった。なぜそうなったかではなく、ゴッホの絵を見た瞬間から、どうしようもなくその魔力に捕らえられてしまった。”


油絵から彫刻へ
当初油彩を学ぶ目的でローマに渡り(1956年)、ヨーロッパでの絵画修行の第一歩は、チルコロ・インターナショナル研究所でのクロッキー(素描)をすることでした。 ここで飯田先生は「彫刻をやりたいという欲求が頭をもたげるのに気付き、彫刻家のファッツィーニの教室に通い、初めて彫刻を勉強します。 居をローマからウィーンに移した後、ベネツィアでヴォルスの絵画に「それまで築き上げてきたリアリズムの土台が、根底から崩壊してしまうような」強い衝撃を受け、さらにミュンヘンでムーアの大回顧展を見たことで、本格的に彫刻家としての道を歩み出しました。
初期作品
jyosei.jpg
「処女作」は着物姿の女性像1938年(油彩)
hashi.jpg(6102 byte)
渡良瀬川(仮題)1949年(油彩)
kawa.jpg
矢場川風景1951−52年(油彩)

 

jyosei2
椅子に座る裸婦1952年(油彩)
ki.jpg(5377 byte)
オーケストラ習作1952年(油彩)

 


滞欧期の作品
dannsei.jpg)
椅子に座る男(仮題)1958年頃(エッチング)

 

unnga.jpg
ドナウ運河1959年(油彩)
hori.jpg
テレベ河の家1959年(油彩)

 

kodougu1.jpg
TABISURUHITO1962年(真ちゅう)
kodougu2.jpg
素描1962年(マーカー・鉛筆)